PROFILE

 

Kayo Ishikawa starts her creation of art pieces such as making video pictures in theatre art field, installations, several kinds of exhibition while studying for her academic career at JOSHIBI University of Art and Design.  

After completing her academic career, she starts her business career as a designer in an advertising & creative production and a production specialized music clip. In 2000, she becomes a freelance designer.

While continuing her business career, she studied clinical psychology at Tokyo Metropolitan University, and Ochanomizu University.

In 2002, she starts her art pieces aim participatory and stimulating one’s senses. Mr.Junji ITO, a well-known art critic as well as an art producer, names her pieces “Artistic Health Device”. Since then she pours her passion to create art pieces exploring a combination of art therapy and sense of humor.

From 2001 to 2006 she was in a career college called Creative College “WAO!” as a part-time professor.

September 2007, she found a creative art and design company called “tomsuma Alternative.”

The word “tomsuma” means a shining stone in Ainu language (NOTE: Ainu indicates aboriginal people in north Japan, Hokkaido)

The Earth itself is also the shining stone illuminated by the Sun.

 

Prize, Award

2016 ARTE LAGUNA PRIZE 15.16   Performance section 1st. selection Top 20 : "Tenoriyu. Venice Arsenale"  Ishikawa Kayo(JP)

2013 Chiyoda3331 Art Performance award KEISUKE SAKURAI Special Jury Award

2011 Foundation Fumiko Omura  and  Novelist Dr. Satoshi Omura Production and Study Encouragement Prize

2003 Maebashi Art Competition Live 2003.  JUNJI ITO Special Award

1999 PARCO ART PROJECT Urbanart #Final 

 

Scholarship, Grant

2014  Chiyoda3331 Art Performance award scholarship 

2011 Production and study Encouragement Prize of Foundation Fumiko Omura  and  Novelist Dr. Satoshi Omura

 

Artist in Residence, Artist in School

2017  ARTELES special residency program "Back to Basics"

2016   Art NPO Himming  Artist in school  Himi Nadaura Jr high school 

2013   Ministry of Education Sapporo Artist in school  Communication education, “empathy” and cooperation with the artist ”Zetsubo Lab.”

2012   OTODOKE ART   Sapporo Artist in school  in Sapporo ISHIYAMAHIGASHI elementary school  ”Showlympic”

2011   BEPPU PROJECT   Artist in residence KASHIMA 2011

 

EDUCATION

1997   JOSHIBI University Of Art And Design Bachelor of Arts (B.A.) , Environmental Design

2004   Ochanomizu University    Special student Developmental and Child Psychology

2003-2005   Tokyo Metropolitan University   Special student Clinical Psychology, Psychology of vision

 

Selected Exhibitions, Performance Projectsle

 

1999 PARCO ART PROJECT Arbanart #Final: "OTONARI KAPPO"

2003 MAEBASHI ART COMPETITION 2003: "JB -Jesus Blade-"

2004 Exhibition [RECYCL'art]: "Slippulse" ,"Hallelujah Ball"

2005 World Exposition, Aichi, Japan [RECYCL'art] :"Attack me, Receive me."

2006 Narita Air port JT Smoking lounge:  Movie Installation "Ka-cho-fu-getsu"

2007,2008 Website Art Project in Japan Tobacco.: ”tenorigochi-san”, “Slippuls”

2008,2009 Exhibition 100% Design Tokyo: "Artistic Health Device" 

2010 International Exhibition "MEET MY PROJECT" PARIS and MILANO.: "tenorigochi-san."

2011 International Exhibition "MAISON & OBJET 2011" PARIS, France: "tenorigochi-san."

2011 Exhibition and Workshop  in TOKYO, TOYAMA, KOBE:  "Tenori-an.

2011 Exhibition " tenori-yu ": Installation and performance in BEPPU, Japan

2011 Toyama Waterfront Film Festival "K-ART" : Performance: "EGAO TAISO"

2012,2013 Artist in School [Otodoke-Art] in Sapporo. ”Sholympic” ,”Zetsubo Lab.”

2014  ART SETOUCHI 2014 YORUSHIRUBE  "Tenoriyu. KAN-ON-JI"

2014  KANAZAWA TORYOE  "Tenoriyu. KAZOE"

2015 ART SETOUCHI 2015 in TESHIMA  "Tenoriyu. SHIMA KITCHEN"

2015 YORUSHIRUBE  "Tenoriyu. ISSHIN-JI"

2015 Exhibition [OIE ART Festival TOYAMA] : Installation "Biology of Tenorigochi", Performance"Tenoriyu."

2016 Setouchi Triennale 2016 YORUSHIRUBE : KAISEKI Performance "Kukuai-no-Kaiseki"

2016 Kanazawa 21st Century KOGEI Festival 


tomsuma Alternative(トムスマ・オルタナティブ)

It is Gago (pseudonym)  by  an artist , Kayo Ishikawa.

 

現象美術家/てのり湯。家元

Region: Conceptual / Installation / Performing Arts /  Visual Arts / 

Graphics Design / Illustration / Writing 

 

ABOUT  tomsuma(トムスマ)

『トムスマ』は「輝く(tom) 石 (suma) 」の意を持つアイヌ語。
宇宙に輝く石=『地球』と意訳し、
頭部に地球着(ちきゅうぎ)』を装着したフォーマルウェアで活動

希望者には積極的装着を斡旋し、地球自身となってもらう。

愛とユーモアを主な素材とした現象づくりが作品の基盤であり、

ラブ&ラフのある世界を探して各地周遊。

 

Prize, Award

・PARCO ART PROJECT アーバーナート展FINAL 佳作「おとなりかっぽ」
・前橋アートコンペライブ 伊東順二 審査員特別賞「ジーザスブレード」
・愛地球博 Love The Earth スポーツサミット2005 リサイクラート「アタックミー・レシーブミー」
・100周年記念大村文子基金 女子美制作・研究奨励賞「てのり湯。」
Chiyoda 3331 千代田芸術祭2013「おどりのば」 桜井圭介 審査員賞 

「てのり湯。(演舞)」

ARTE LAGUNA PRIZE 15.16   Performance section 1st. selection Top 20 : "Tenoriyu. Venice Arsenale"  Ishikawa Kayo(JP)

 

略歴

1974年北海道札幌市生まれ 女子美術大学芸術学部デザイン科卒 

美大にて環境デザインを修了の後、東京都立大学にて知覚心理・臨床心理、お茶の水女子大学にて発達心理学を学ぶ。

在学中より舞台映像・インスタレーションの制作発表を開始。

芸術を鑑賞する行為に於いて、「見る」から「触る」ことへ、あわよくば「使う」ために持ち帰ることが本来の芸術鑑賞の姿と考えるに至り、以降、自然界の流れの中で表出する人間の心理性質を題材とし、より体感的な作品制作とその現象研究へ向かう。

(※使う、持ち帰る は、物理的行為に限らない)

アートの工程を通じて見える人の精神構造 と心理作用から芸術療法に関心を持ち、発祥地ドイツへ留学準備を進めるなかで西洋と東洋の心理構造の違いを知り、日本由来のものを探ることに注力。今後は地域、文化、個よりもベーシックな部分からのアプローチを進める見込み。

 

制作は概ね、この世界の普遍的諸行無常性の中に散乱するユーモラスな現象を分解する作業、伝統を学ぶ作業、解体する作業、その工程で起きる化学反応に淡い期待を寄せる時間、の4つの工程を経る。この工程を経ると「愛」という存在を認識せざるを得なくなるのは不思議な現象である。

 

卒業後は東京にて企画制作会社クリエイティブ室勤務の後 2000年 独立。デザイナー及び講師の経歴の中で得た知・技・感・金の一切を注ぎ込み 2007年トムスマ・オルタナティブ設立。2010年より拠点を富山県に移す。

(因みにこのHPの背景は富山県の霊山「立山」の室堂を歩く地球)

目下、参席式パフォーマンスを軸にした現象美術、こどもをメインとするアートプログラムの研究開発を行っている。

日本はこの事業にもっと予算を割いてください。

文化事業等のデザイン活動も行ってるんですよ。

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 

Main Project

 

平成バカラシー運動

平成の、アートによる、健康のための、人間性回復運動 =『平成バカラシー運動』の幟を掲げ、

全体的にばからしい姿をサポートする装置(アート健康器具)と、そこから誘発される愛着と鳥瞰的感覚の研究開発を行う。

 

 

てのり湯。/てのりごちさん。

2010年世界から16組のクリエイターが選出されたInternational Exhibition Meet My Project Ist.editionにアジアから唯一の選出を受ける。これを機に、高岡銅器「能作」とのコラボレーション「てのごちさん。錫100%」を製作。

ミラノにて「てのりごちさん。お点前」発表。

好評の後、Meet My Project in Paris Designers Weekへ招聘される。

 

2011年 BEPPU PROJECT アーティスト・イン・レジデンス“KASHIMA 2011”に選出される。

ここで触れた湯治文化の趣き、別府の現役大茶人の「茶道の道は、自由という意味だよ」という刺激的な言葉に背中を押され『てのり湯。』創立。

これらの活動にあて、100周年記念大村文子基金(ノーベル賞受賞 大村智ご夫人)女子美制作・研究奨励賞「てのり湯。」受賞

 2013年 千代田芸術際2013 おどりのば にて「てのり湯。(演舞)」が桜井圭介審査員賞受賞。

これを機に客人を舞で歓迎しながら迎付ける「お点舞」創案。

 2014年 ART SETOUCHI 2014 "よるしるべ"にて、お点舞ー点茶ーてのり湯ー背流しの儀 の四部構成を確立。

 2016年 国際アルテ・ラグーナ賞パフォーマンス部門TOP20ノミネート

ARTE LAGUNA PRIZE 15.16   Performance section 1st. selection Top 20 : Ishikawa Kayo (JP)

 

NHK Eテレ 高校講座 美術Ⅰ てのりごちさん。が紹介されます。

(第8回 立体〜立体という面白さ〜 美術がつむぐ物語)伊東順二先生がポケットからおもむろに・・・

 

2016年10月 金沢21世紀工芸祭/金沢みらい茶会 「てのり湯。21世紀」

禅の真髄へとより一歩踏み込んだ21世紀のてのり湯は、互いの茶を点てあい隣人を愛すお点前を導入。

 

2017年2月 「てのり湯。時々バタバタ茶」

富山県朝日町に続くスペシャルな茶文化をフィーチャーしたお浄土イマジネーションの世界を探求する。

 

2017年5月 ARTELES Special residency program "Back to Basic" 参加

フィンランドはタンペレにあるArteles Creative Center のアーティスト・イン・レジデンス。

世界各地から12のアーティストが選出されスカンジナビア最大のレジデンス施設に集まります。

 

 現在、てのり湯。初代家元として完成を目指す。

 

Z↑研 (オルタナティブ・アート・セッションの研究開発)

 「ゼツボ→開発研究所」「ショーリンピック」を通してこどもたちとの共同研究開発を展開。

AISプランニングによるArtist in school『おとどけアート』、及び、コミュニケーション教育事業として、札幌市石山東小学校にて実施された。2016年、ヒミング(富山県氷見市)によるアーティスト・イン・スクール事業にて実施予定。

 

トム大

2016年夏にトムスマ大学 開校

オルタナティブな経験を持つ講師陣がオルタナティブな視点から日本の今とこれからを考察する不定期授業。

開校記念講座は谷英治教授によるブラジルと日本の比較考察でした。面白かったですね。次回お楽しみに

Photo  Masato Ishiguro

Photo  Tsuyoshi Ando

Photo  Tsuyoshi Ando

Photo  Junka Yun

Photo  Tsuyoshi Ando

Photo  Akemi Schubart